ナンパでの声のかけ方とスキルアップ

ども、パプリカです。

ナンパをする上で最も緊張するのが最初のアプローチ。

そう、声をかける時ですよね。

僕も実際に最初の声かけが1番緊張します。

逆に言えば、この声かけさえスムーズにできてしまえば後がめっちゃ楽に、そして楽しくなるんですよね。

そんなナンパで最も大事な声のかけ方をお伝えして行きます。

声かけの「型」さえ覚えていればそれでいい

これからいくつかの声かけの型をお伝えしてきますが、最初は頭に型を入れるだけでいいです。

最初から完璧な声かけなんて無理ですし、誰でもが引っかかるような魔法のような言葉なんてありません。

1つ1つの積み重ねが蓄積されて「この人おもしろい」「この人ならついて行ってもいいかな」となってナンパは成功します。

僕は最初の頃、魔法のような言葉があると思ってました。

でも、実際は型を覚えるだけでよかったんです。

あとは型に当てはめて言葉を入れて行きながら、ひたすら声かけを繰り返す。

ただそれだけです。

めっちゃシンプルです。

声かけのバリエーションは最初は1つに絞る

よくナンパ教材を買ったり、ナンパブログを読み込んでる方にはお決まりのアプローチがあったりすると思います。

でもそれらを真似するのはやめてください。

ナンパ教材にあるようなアプローチ方法は結構レベルが高く、コミュニケーションの基礎ができてない人がやってしまうと成功しないどころか、スベリまくって自信を失うという余計なおまけまでついて来ます。

で、お勧めしたいのは最初は声かけのバリエーションは1種類に絞るということです。

ナンパはパターン対応で結構なんとかなります。

最初の女子の反応なんてだいたい似たようなもんなんで、そのパターンに対応できるようになってこれば割とアプローチって簡単です。

声のかけ方は「◯◯ってどこですか?」に固定

で、その声かけの仕方っていうのが「◯◯ってどこですか?」という道聞きアプローチってやつです。

これは最も初心者向きと言われています。

初心者向きなので斬新さはないものの、その分女性のアタリも柔らかくなるのでダメージを喰らいにくいですし、女の子が会話してくれる率も高くなります。

この道聞きアプローチに固定しながら、ナンパの基礎力を付けていくのが最も確実にナンパスキルを上げていく方法です。

初心者が極めるべきアプローチスキル

さて、声かけの仕方を1種類に固定したら、次は声かけ時に磨くべきスキルを把握しておきましょう。

磨くべきスキルは、

  • 共有スペースの観察
  • 精神的な慣れ
  • S的ないじり
  • 会話展開力
  • 笑わせる技術

↑ぱっと見「え、こんなにスキル必要なの!?」って面食らうかもしれません。

これらのスキルが必要ってことじゃなくて、ナンパしてたら自然にこの辺のスキルが身についいちゃうよって話なんです。

もちろん、最初にスキルごとの型はインストールしておいてください。

共有スペースの観察

共有スペースは自分と相手の間にあるモノ、感情などのことを言います。

ナンパの基本はそれらを使ってトークを広げたり、笑わせたりしていきます。

で、声かけをする前にこの共有スペース観察を癖付けるトレーニングをします。

最初のうちに見るのは女の子の靴とカバンだけでいいです。

その2つのうち、どっちか気を使ってそうなモノを共有スペースとして活用していきます。

例えばシンプルなファッションで靴だけキレイな赤だったとしたら、

「靴めっちゃかわいいね」

「あ、ありがとう」

「さっき誰か蹴ったの?」

「え?」

「血付いてるよ」

みたいな感じでただ褒めるだけじゃなく、ちょっと悪の要素も入れて行きます。

これは3つ目の「S的ないじり」、5つ目の「笑わせる技術」にも通ずるところです。

精神的な慣れ

これからスキル的な話をして行きますが、どんなに素晴らしいテクニックを使おうが、どこか自信なさげな様子がバレたら女の子は一瞬で見抜きます。

そして「あ、この男あたしよりもレベル下だな」と見破られます。

アプローチを何度も繰り返すうちにだんだんなれてきます。

そして慣れてきた頃に急に女子の反応が上がってきます。

この状態まで慣れると、学んだスキルがぽんぽんと反射的に出てきてさらに好循環を生み出します。

S的ないじり

女性は自分はSだと言ってる子でも必ずMの要素を持っています。

魅力的な男に振り回されたい、束縛されたい、支配されたいという欲求が少なからずあります。

なのでトークの中でそこを刺激していきます。

例えば先ほどの赤い靴のいじりも同様です。

普通の男では無難に褒めるだけのところをちょっとチョケつつも褒めることによって男らしさ(Sっ気)を感じさせていきます。

ただ、これはバランスが大事で、Sの要素が強すぎるとただの感じ悪いヤツになってしまいます。

これも回数を重ねながら、女の子を様子を伺うのが大事です。

会話展開力

最初の声かけに成功すると女の子はなんらかの反応をしてくれます。

笑ったり、睨まれたり、無視されたり、素直に道を教えてくれたり。

そんな女性の反応をきっかけに話題を広げたり、観察した共有スペースから会話を広げたりという展開力が身につきます。

これはコミュニケーションの基礎の基礎なんで、絶対に磨きたいスキルですね。

笑わせる技術

これもハードル高いと思われてしまいそうですが、女の子を笑わせるのはかんたんです。

女の子は芸人的なおもしろさよりも、共感を重要視する生き物です。

で、大事になってくるのが先ほど出た共有スペース。

女性は目に見えるモノや感情に反応しやすく、そこを話題にすることで反応がよくなります。

ある程度型を学んだら後は実践するべし

ナンパにおいて最も大事なのは学んでいるだけではダメってことです。

学んだことを何度もアウトプット、実践することによってスキルは身につきます。

まずはノウハウ探しは一旦やめて道聞きアプローチを武器に街に出ましょう。