【男】僕が大失恋から3日で50%立ち直ったシンプルな方法

えぐい…えぐいフラレ方をしてもうた…

こんなブログを書いてるぐらいの僕なのであんまり女の子を好きにならないんだけど、今回は本気で好きになってしまった。

相手は22歳のシングルマザー。
顔もまぁまぁかわいかったけど、どっちかっていうと中身に惚れた。

一緒にいてもいい意味で女といる気がしない。
女特有のめんどくささがないというか。

そして僕の強いツッコミ(「死ねw」とか)に多くの女の子は引くけど、その子は 元ヤンだから1ミリも引かなかった。

「彼女が欲しい」とすら思わなかった僕に「この子なら結婚してもいいかな」「息子の面倒見てもいいかな」とまで思わせた。

そんな子にフラレてしまった。

えぐいフラレ方ww

そこまで好きになったもんだから、僕も猛アタックした。
片道1時間かけて彼女に会いに行き、何度かメシを食った。

その後車で話し込み、キスまで行った。

普通の好きじゃない子案件ならそのままホテルまで行ってたはずなのに、なんか誠実ぶってその日はそのまま帰ってしまった。

結果から言うと、その日以降彼女に会えることはなかった。

その後も何度かLINEするも「今週は無理だ〜」と避けられている感じ。

そしてふとLINEを見ると…彼女のLINEのトップ画が変わっていたww

知らん男と二人で写っている写真に。

 

衝撃だった。
血の気が引くような感じ。
そしてここ数日の自分の愚行を思い出しながら落ち込むというよりうすら笑いが出てくるw

彼女を思い出す→過去の愚行を思い出す→「ハハハ、おれ何してたんだろww」

数秒に1回このルーティーンが強制的にやってくる。
キツイ。

ぶっちゃけLINEのトップ画が変わるまで付き合える可能性はあると思ってたからショックがでかかった。

まったく準備しない中での失恋はキツかった。

僕が3日で大失恋から50%の状態まで立ち直った方法

失恋した僕はメンヘラチックになっていた。

仕事も手に付かない。
ずっとずっとその子のことを考えている。

でも会社では僕は彼女なんていらない&遊んでるキャラなので、まさか誰も失恋したなんて思ってない。ただ仕事がイヤなんだろうなと思われていた。

ずっとずっとため息を付いてる。
「はぁ…はぁ…」
ついてもついても付き切れない。

やべーな、失恋ってこんなに痛いのか。
こんなに辛いのか。

なんとかこの辛い状況から脱出したいと思った。

僕がフラれた(LINEのトップ画が変わった)のが金曜日。
なんとかこの土日で失恋から立ち直って月曜日には正常に仕事をしたいと思った。

というかこんな状況で会社に行って、いつものノリで絡んでくるヤツらに無理矢理笑顔を作るのが辛かった。

だからなんとか立ち直ろうと使えるリソースはすべて使おうと思った。

共通の女友達にすべて吐露

僕は今まで失恋したとしても友だちに愚痴ったり、相談したりとかはなかった。
人に自分の本音をさらけ出すのが苦手だったし、「あ、そう思ってたんだ」と知られるのがなぜかイヤだった。それはどんな仲のいい友だちも一緒だった。

でも今回はさすがに辛すぎて人に打ち明けずにはいられなかった。

僕が最初に選んだのは彼女と共通の女友達。

彼女と女友達はすべてツーツーで僕がどんなデートをしてたのかも逐一報告するような仲だった。
だから女友達は彼女の本音もすべて知ってる。

相談するか迷いに迷った挙げ句、その日の夜にLINEした。

「パイセン、ちょっとキツイっす」

↑この一言でLINEのトップ画によって僕がダメージを受けていることを理解してくれた。

彼氏がいる関係で直接は会えず、電話にすることにした。

夜10時〜深夜3時までの5時間、女友達は僕に付き合ってくれた。

僕がその子と話す上で意識したのはとにかくカッコつけない。本音を話すってこと。

溜まって言えないことがあるとまたモンモンしてしまうと思ったからとにかくすべてを話した。

でもまだ傷は癒えない。
「明日そっち行っていい?」
まさかの2日間コースで女友達に会うことにした。

もう1人でいることが怖かった。

そして翌日も女友達と話し、さらにその帰りに男友達にも話し、さらにさらに別の男友達にも話した。

とにかくこの状況から脱出したかった。

直接彼女と話してかなりスッキリ

いろんな人に話して、ちょっと立ち直ったかな〜と思った日曜日の朝。
ふと音楽を聞いてるとそこには地雷が埋まっていた。

「いい波乗ってんNIGHT」が流れた瞬間、また彼女を思い出して、この3日間で1番泣きそうになってしまった。

ちなみにこの曲です。

ただ、彼女の子どもがいい波乗ってんね〜を歌っててかわいかったという超短いエピソードだけなのにめちゃくちゃ彼女を思い出してしまう曲になった。

またこれでメンヘラモードになってしまった。

そして共通の女友達に「もう一度直接会って気持ちを伝えたい」と頼んでもらった。
彼女からの答えはNo。
ただ、初めて彼女から断られたことでなんだかスッキリした。

そこからふだんどおり彼女とLINEのやり取りをして結構心が落ち着いた。

今振り返るとこの時の立ち直り度はだいたい50%ぐらい。
とりあえず出血は止まったって感じ。

Google検索しても失恋の傷は癒えない

僕は相当落ち込んでいたのだろう。
藁にもすがる思いでGoogleに「失恋 立ち直り方」とか検索しまくった。

そこには「こいつホントに失恋したヤツの痛みわかんのか!」という記事しか出てこない。

今失恋からちょうど1週間経って約70%の傷が癒えた僕があなたにオススメするなら信頼できる人1人にカッコつけず、本音をさらけ出して話すこと。

これがシンプルだけど1番だと思う。

聞いてもらうお相手さんにはおいしいメシと酒をおごってあげれば、自分も心置きなく話を聞いてもらえる。

その失恋から何を得るか

「あの時フラレてよかった」

まだまだ本気でそう思えないけど、多分男としての成長を考えるならフラレてよかったんだと思う。

次の記事はぜひ70%ぐらい傷が癒えてから読んで欲しい。
落ち込んでいる時に無理矢理プラス思考で考えるのは心理学的にも良くないという結果が出ています。

まずはしっかり落ち込みまくる。
誰かに話しまくる。
そして傷が癒えたら前を向いて歩き出しましょう。

大丈夫、必ず立ち直れます。
1週間前に失恋した僕がここまで立ち直れたんだから。