【メンズ】10,000円以下で背を高く見せるファッションアイテム2つ

ども、パプリカです。

前回は低身長の方向けに、背を高く見せる髪型ということで記事を書きました。

【メンズ】低身長男子が10分で3cm背を高く見せる髪型はこれだ!

この記事を書きながら、改めて「おれ身長高く見える工夫できてなかったなー」と反省しております。

今回はファッション編です。

僕は昔、クソほどファッションセンスがありませんでした。
高校の頃まで自分を「ダサい」とすら思っておらず、女の子にモテない理由を顔や身長のせいにしていました。

今高校生に戻ったら…確実に当時よりモテてたでしょうね(悲)

さてさて、この記事を読めば背が高く見えるファッションが身につくのはもちろん、ファッションの基本も学べるので「おれはセンスが悪い」という方もぜひ試してみてください。

まずはオシャレ×低身長カバーのロジックをインストールしよう

髪型の時同様、まずはどんな髪型にするか?ではなくどうやったら低身長をカバーできるか?ということを学んでいきましょう。

1.シルエットで背を高く見せる

割とどのサイトでも書いてますが、まず大事なのはシルエットです。
これを見てください。


参照:osucon

AもBも同じ長さですが、明らかにBの方が長く見えます。
これは目の錯覚で人は縦のものを長く感じるからです。

これをファッションのシルエットに応用します。

OKな例、NGな例


参照:Dcollection

左がNGです。パンツがダボッとしていてキレイなシルエットが出ていません。
右はいわゆるYシルエットでオシャレ&背が高く見えます。

シルエットの基本


参照:http://ta-kaka.com/

ご存知の方も多いと思いますが、基本はこのY、I、Aのシルエットを作っていきます。

ただし、低身長の方はAシルエットはやめてください。

Aシルエットは脚が短く見える上に、ファッション的にも上級者向けです。
まずはYとIシルエットを極めて低身長をカバーしていきましょう。

サイズはジャストサイズで着る

最近はビッグシルエットという大きめのサイズを着るのが流行っていますが、低身長をカバーするならジャストサイズの服を選びましょう。

さっきのフィック錯覚でわかるとおり、いかに縦にキレイなシルエットを出すかを重視しましょう。
※Yシルエットを出すために、トップスを多少大きめサイズにするのはアリです。

2.色で背を高く見せる

次に色使いで低身長をカバーします。
これを見てください。


参照:MEN’S NON HEN

白は膨張色、黒は収縮色です。
さっきの縦のラインを作るという上で、パンツに収縮色を持ってくることが重要です。

ちなみに収縮色は黒、紺などの濃い色。
膨張色は白、ピンクなどの明るい色です。

2つのロジックから導き出す基本のコーディネートは?

上で「シルエットで縦のラインを出す」「色使いで縦のラインを出す」ということを学びました。

じゃあ具体的にどんなアイテムを揃えればいいのか?を見ていきましょう。

パンツは黒のスキニーorテーパードパンツ

まずは土台となるパンツから決めていきましょう。
オススメは基本黒のスキニーパンツの一択です。


提供:Dcoolection

スキニーに抵抗がある方も多いと思います。

実は僕も昔は

  • 女っぽい
  • 流行りに乗ってるみたいで嫌だ
  • てか脚太いし

という理由で避けて来ましたが、女にモテたいという気持ちには勝てませんでしたw

靴は黒系の革靴orキャンバスシューズ

次はトップスかと思いきや、靴です。

結構ファッションってアウター、トップスを重視して買う人が多いかと思いますが、実は靴の方が大事です。

「オシャレは足元から」という言葉があるようにオシャレの方程式は

パンツ+靴=オシャレな足元

となるのです。

で、オススメはパンツと同系色のシューズ。


提供:MEN’S HON HEN

パンツと同系色にすることで脚長効果が出て、低身長をカバーできます。

具体的には黒の革靴かキャンバスシューズがオススメです。


提供:Dcolection

トップスは季節、場面によって変えていく

ここは低身長とはあまり関係ないですが、季節感を出していくのもオシャレに見えるコツです。

パンツと靴はある程度1年を通して黒スキニーとキャンバスシューズでいってもOKです。

あとは夏になれば黒スキニーが短パンへ、キャンバスシューズがサンダルへとなるぐらいです。

ただ、トップスは春夏秋冬でガラリと変わってきます。

ここでは季節ごとにイメージを持ってもらえばと思います。

春は明るめの色&軽やかな素材のトップスを


提供:Dcollection

春は暖かかったり、寒かったりと中途半端な気温で何を着たらいいのか困ります。
僕は軽い素材で、1枚で絵になるトップスを好んで着ています。

オススメは画像のような春ニットや薄手のMA-1がオススメです。

カラーも明るめの白、水色やピンクのパステルカラー、グレーを選ぶと春らしい季節感が出せますよ。

 

夏は白シャツ1枚で爽やかになる

提供:Dcollection

スタイルが良い人はジャストサイズのTシャツ1枚でもサマになりますが、僕みたいに筋肉のない&お腹ポッコリの人間にはTシャツは体のラインが出すぎてしまいます。

そこでオススメなのが白シャツ。
ポイントは半袖の白シャツではなく、長袖の白シャツで袖をまくるとオシャレ感がアップします。

画像では短パンを履いていますが、苦手な方はスキニーをまくってくるぶしを見せる感じにするのもアリです。

逆に袖をまくってて、くるぶしが見えてないと足元が暑苦しい印象になってしまいます。

 

秋は春の暗めバージョンで

 

提供:Dcollection

春と秋は気温が似ています。
朝と夜は寒くて、昼は暑い。

なので、着る服は春と同じ感じであとは色を工夫します。

春が白、ピンク、水色のような明るい色だったのを黒、グレー、茶色、赤のような暗め、濃いめの色だと季節感が出ます。

ただ、グレーや白のアウターなら春も秋も違和感はないのでそういう色を買っていればかなりコスパが良くなります。

秋用コーディガンを見る

冬はコートで簡単に低身長カバー


提供:Dcollection

冬はアウターが選び放題で逆に何を選んでいいかわからない季節でもあります。
低身長をカバーするならまずはコート系がオススメです。

画像のように着るだけで簡単にYシルエットを出せるので、身長を高く見せる効果も出てきます。

色は黒、ネイビーにすると季節感に合って無難です。

で、結局何を買うべきか?

いろいろ書いてきましたが、オシャレのセンスがない僕はいつも思います。
「で、何を買えばいいの?」
 
僕と同じような方へ決め打ちでこれを買っとけば安心!というリストを作ってみました。
 
1.黒スキニー(4,980円)

 
2.キャンバスシューズ(5,980円)

まずはこの2つで低身長をカバーするための土台を整えましょう。

あとは季節別のトップスを揃えるだけで、低身長はかなりカバーできます。

さて、次の記事では具体的に低身長だけどカッコいいモデルさんを紹介します。
ここで具体例を見て、ファッションの参考にしましょう。