クラブ大嫌い&苦手な僕がナンパ成功のためノウハウ調べまくってみた

ども、パプリカです。

おれはクラブが嫌いだ。
パリピが嫌いだ。

高身長イケメンも嫌いだし、高身長イケメンにヘラヘラしてる美女も嫌いだ。

つまりクラブが嫌いだ。

そして自分の心に素直になるならば、

クラブにいる女とヤりてええええええええええええ

僕はクラブでうぇいうぇいするタイプでもないからずっとクラブナンパには苦手意識を持っていました。

そこにはキメッキメの男と女がいっぱいいてルックスで9割決められてしまう世界。

一応クラブでも一回ナンパは成功してるけど、限りなく苦手。
圧倒的苦手。

あのうぇいうぇいのテンションに合わせてしゃべるのも嫌。
てか音楽も知らんから何話していいかわからん。

そして音がうるさいから得意のテンポの良い会話ができないからもはやがんじがらめ。

きっとおれは生まれながらにしてクラブに行ってはいけない存在なんだ。
そう思ってる。

でもやっぱり本音はクラブ美女とヤリたい。
ワンチャンいきたい。

そんな超クラブ苦手&嫌いな僕がクラブナンパをどうやったら成功できるのか、真剣に考えてみた。

実はクラブナンパは成功率が高い

別に意外でもないんだけど、クラブでのナンパはやっぱり成功率が高いらしい。
そりゃそうだ。

クラブにいる女の9割は出会いを求めて来てる。

だって普通に考えてそうだよね。
カフェとかで女子の会話聞いてたらたいがい恋バナしてる。

ってことは女の子も男同様に出会いを求めてる。

そして公に出会いの場と認められてるのがクラブだ。

だからまず思い込みから変えなければ。

クラブにいる女は出会いを求めてる
クラブにいる女はヤりたがっている
クラブにいる女はお持ち帰りされてもいいと思っている

こう考えるだけでもクラブ女子を見る目がポジティブになる。

「話しかけて迷惑かな〜」
なんてマインドで声をかけてはいけないのだ。

じゃあそんな女たちに認められうためにやるべき準備をしよう。

クラブナンパ準備編1.外見を整える

クラブはイメージ通り、イケメン・イケジョが集まるところだ。

その世界の優劣は9割は外見、見た目、雰囲気で決まる。

外見で決まると言ってもまだ僕らフツメン(あるいはブサメン)には希望がある。

超絶イケメン好きの女子を除けば、女子は雰囲気で男を見る。
となれば、雰囲気をいかにイケメンに近づけるかが大事なポイントだ。

僕ら男から見てもいるよね。
顔はそんなかわいくないんだけど、おしゃれだし、かわいいし、なんか好きみたいな女子。
あれの男子版になればOK。

要は書類審査をクリアする感覚です。
とりあえず女の子に「こいつナシ」とさえ思われなければノリとトークでなんとかなります。まずは第一次審査を通過しましょう。

この雰囲気の作り方のノウハウについては別記事で紹介しますね。

クラブナンパ準備編2.クラブの基礎知識

僕を含めてクラブ嫌いの人はそもそもクラブに対する基礎知識すらないと思います。あまりクラブ経験がない人はここも頭に入れていてください。

必要なもの

・免許証
ほとんどの人は持ち歩いてると思うけど、これがないとほとんどのクラブは入れません。保険証とかだと断られるらしい。

・口臭スプレー
クラブは普通の場所よりも近づいて会話をします。
「おれの息臭くないかな」なんてムダなこと考えてると会話に集中できなくなるので、余計な不安要素潰すためにも口臭スプレーは持っておきましょう。

・現金
僕はカード派なので、盲点だったんですが、基本現金がいります。
入場料も女の子にお酒をおごるときも現金がいります。
クラブに行く前に細かいお金(千円札とか)に崩しておくと尚良し!

成功しやすい時間帯

クラブナンパは時間が重要です。
各クラブにもよりますが、基本的にはどのクラブもピークは0時〜2時です。
このちょっと前から入っておいて、雰囲気に慣れつつ女子にアプローチするというのが理想の流れですね。

逆に3時を過ぎるともうかわいい女の子、お持ち帰りできる女の子はほとんど売れてしまっています。

この時間までになんとか声かけまくって成果を上げることが重要ですね。

服装(ドレスコード)

先ほどの雰囲気を作るファッションとは別で、クラブはこれを着てたら入れないというルールもあります。

ほとんどのクラブでは

  • 短パン
  • サンダル

はNGとなります。

季節イベント

クリスマス、バレンタイン、ハロウィンなどクラブでは行事ごとにイベントがあります。
ここでは行事ごとで盛り上がりたい女子たちが集まるので、こういうイベントは狙い目です。

クラブナンパ準備編3.どんな女を選ぶべきか?

クラブの基礎知識を入れたところで、どんな女の子を選ぶべきかを事前に知っておきましょう。

選ぶべきはズバリ、クラブに慣れていない子です。

これ、冷静に考えればマッチングアプリで女の子と出会うのと同じ理論です。

クラブによく来る子は散々ナンパされています。
多分お持ち帰りもされただろうし、自分がどのくらいモテるのかもなんとなくわかっています。

そういう子はやはり断り方も慣れています。

その点、クラブに不慣れな女の子はどうしていいかわからず、一緒に付いてきた友達は男とどっか行っちゃったなんてケースもざらにあります。

そういう場面で声をかけて、優しくリードしてあげれば他の男性よりも一歩も二歩もリードできます。

ちなみにクラブに不慣れな子の特徴は、

  • クラブっぽくない格好で来てる
  • 積極的に踊ろうとしない
  • クラブ内に男友達がいない
  • 壁の方にいる

などなどです。

クラブナンパ準備編4.お持ち帰りまでの動線をリサーチしておく

人にもよりますが、基本僕の最終目的はセックスすることです。
ただ何も考えずにクラブに行って、運良くクラブから連れ出せたとしてもホテルまでの道のりがグダグダしてるとそれまでの努力が水の泡になります。

だからこそクラブからホテルへの徒歩ルート、遠いならタクシーでのルートを確保しておくこと。

クラブナンパ実践編0.クラブでの声かけ〜お持ち帰りまでの全体像

クラブナンパを実践する上で大事なのはまず全体像を頭に入れておくこと。
スタートからゴールまでの流れが見えていることで今何をすべきか、次何をすべきかが見えてきます。

クラブナンパの大まかな流れはこんな感じ。

声かけ→和む→軽いスキンシップ→より深いスキンシップ→外へ連れ出し→ホテルへ

こうやって全体像を視覚化して気づくのは外へ連れ出しからは通常のナンパと変わらないということ。

そして声かけ〜より深いスキンシップまでもクラブ特有のアプローチは必要だけど、そこさえ抑えれば通常のナンパスキルが活きてくるということ。