男女2:2の宅飲みで4Pを実現させるための超具体的な5つの作戦

どうも、パプリカです。
いきなりですが、宅飲みからの4Pは誰もが夢に見る経験じゃないでしょうか。

僕も今まで人生で4Pになるチャンスを2回味わいましたが、いずれも女性側のグダ(拒否)でうまくいかず複数プレイは未経験なのです。

果たして今回は…。

一人暮らしのOL宅で宅飲み!

僕の地元の友人でイケメンのクズがいます。
彼はカフェ店員なのでここでは『カフェ男』と呼びましょう。

カフェ男に誘われ男2人、女2人の宅飲みイベント発生です。
この宅飲みイベントのパートナーに僕を選んでくれてありがとう。
精一杯がんばるよ。

場所は一人暮らしの女の部屋。
1番そそるパターンってやつだ。
僕らは酒を買いだしながら軽く作戦会議した。

僕らは夢を語るように今日の目標を宣言した。
パプリカ「今日の最高の結果は?」
カフェ男「やっぱ4Pっしょw」

パプリカ「じゃあ最低ラインは?」
カフェ男「うーん…キス?」

2人「よし、行くぞ」

薄っぺらい作戦会議を早々に終えて、息巻いて僕らは女性宅へと向かった。

迎え撃つはFカップ&正統派美女

-shared-img-thumb-SAYA160312500I9A3721_TP_V

ここで人物相関図

パプリカ→女2人と初対面
カフェ男→家主と友だち(肉体関係なし)
フリーザ(女)→Fカップの家主。僕はFカップの女性をフリーザと呼んでいる。カフェ男と友だち。目が細くあまりタイプじゃないが巨乳&髪サラサラ
美奈子→ふつうのかわいさ。しかしフリーザ(女)と並ぶとよりかわいく見える。胸は小さめか。

まずは女2人がおもてなしをする。
たこ焼きを焼き、おしゃれなおつまみをどんどん出してくる。

ぼくらはハイボールを中心にどんどん食べていく。
女達はせっせと料理を出してくる。
まったり酒とつまみを楽しむ僕ら…

「これではただのお・も・て・な・しじゃないかw」

なんとか流れを変えるべく僕は次のつまみを作るフリーザ(女)へと接近。
ここで僕には悲しいお知らせが。

カフェ男とフリーザ(女)が友だちということは自然と、

パプリカ&フリーザ(女)
カフェ男&美奈子

という構図が完成する。

これは非常に悲しいことだ。
かわいい子がいる目の前であえてタイプじゃない女に行く僕。

「最高」より「最善」を選ぶべし

-shared-img-thumb-GREEN_MI20140125_TP_V3

ただここで4Pをする上で欠かせない格言が。

「最高より最善」

僕だけのことを考えれば最高の結果は美奈子と結ばれることだ。
しかし、それだとカフェ男と争うかカフェ男が譲るかの二択になってしまう。
それは僕にとっては最高なだけで、カフェ男にとっては最悪。

ならばどの道を選ぶべきか?
4Pという結果を見るのであれば自己中な心を捨てて最善を選ぶべきだ。

僕がフリーザ(女)に行くことでカフェ男は美奈子攻略へと集中し、結果4Pの確率は高まる。
そして僕は目下、巨乳に飢えている。
悪くない取引だった。

もっと和みたかったがなかなか距離を縮められなかった。
僕らは1つ失敗を犯した。

テレビを点けっぱなしで飲み会をしていたのだ。

トークをがんばる僕とは裏腹にカフェ男はちょいちょいテレビを見ようとする。
僕もこれを軽視しすぎていた。

結果論だが、テレビを早めに消していればもっと距離が縮まる時間は早かったはずだ。

もう一つ、失敗してしまったこと。
それは初期の座り位置。

僕らはあろうことか男同士で隣に座った。
これはおれがもっと気を使うべきだったと反省している。いや、猛省です。

当たり前だが、隣にいればスキンシップが取りやすい。
心理的なカベも感じにくい。
それを知っておきながらの大失態。
情けないでござる。。。

4Pへの階段

しかし、男女4人が一つの部屋に集まれば嫌でもエロい雰囲気はやってくる。

だんだんとみんなも食べ疲れて眠くなってきた。
フリーザ(女)のベッドが気持よくてみんなで取り合いになるが、なんだかんだで4人で床に布団を敷いて寝る流れへ。

ここで僕らは動いた。
|男女女男|という構図からの…

|女男男女|へと鞍替え成功。
女を引き剥がせばこっちのものだ。
ここからは1対1の勝負となった。

女の子の4P最大のグダはその女友達。
女友達にはしたない姿を見せられないとグダるのが9割9分の原因だ。
これが2人っきりなら余裕でミッションクリアである。

そんな女ゴコロをわかった上で僕らがやるべきは「バレないようにアプローチ」である。
ここで注意点はいきなり触りたいところを触ってはいけない。

富士山も最初は緩やかな傾斜の道を歩いた積み重ねに8合目、9合目、そして頂上とたどり着くのだ。

言い換えれば女性への性アプローチは登山と一緒。
いきなり頂上(アソコ)や9合目(おっぱい)に登ろうなんてリスクが高すぎる。
まずは一歩、一歩進んでいくのだ。

僕は真後ろの2人に気付かれないように少しずつ毛布の下で歩を進める。
そしてようやく、フリーザ(女)のFカップにありつけた。
個人的にFカップが久々だったのでルックスとかあんまり関係なかった。

しかし、僕らは遅すぎた。
やっと山の頂上に届くかという時に朝日は登ってきた。

フリーザ(女)「朝だ…起きなきゃ…」

結果、4Pできず(涙)

僕らは最高の目標4Pどころか、最低ラインのキスさえもできなかった。
なんたる失態。

しかし、この失敗を次に活かすのがクズ部というもの。
僕は次の宅飲みへ、そしてあなたの未来の宅飲みのために重要なポイントを挙げておく。

・作戦会議はしっかりとやる

僕らの1番の失敗。
ただ、このコンビでは初の宅飲みということでいろいろ見えない部分もあった。
この失敗は二度と繰り返してはならない。
だからこそこれから挙げるポイントは最低限押さえたいところだ。

・最初の座る位置は何より重要

最初の数十分は席替えがしにくいもの。
だからこそ最初のうちに和みやすい位置取りをしておくことが肝心。

・テレビは点けない

女子、あるいはパートナーが1人でもテレビにハマってしまうとその場がしらけてしまう。
「会話を楽しもうぜ〜」とか適当な理由を付けて消してしまおう。

・最高よりも最善を選べ

これは今回できたが、やはり毎回意識すべきこと。
宅飲み4Pを完成させるためには自分中心ではなく、”おもろい結果”中心で行動しよう。

・どちらかの女子を早めに攻略しよう

女の子は1人でいるのと2人でいるのとでは全然性格が変わってしまう。
そして同時に周りにつられやすい性質も併せ持つ。
1人を崩してしまえば、その露わな姿を見せれば「あ、あたしもだいじょぶか」となりやすいのは事実。
『まずは1人』を合言葉に崩していこう。

まとめ

4Pは無理だったとしても最低ラインもクリアできなかったのは悔しさの極みです。
しかし、宅飲みの楽しさは存分に味わえました。

ナンパや出会い系とはまた違った楽しさがありますね。
かかったコストも2000円とリーズナブルなとこがまたいいですよね。

あなたもじゃんじゃん宅飲み案件こなしていきましょ。
ではでは〜