「891円でセフレを作る方法」はこちらから

GACKTが教えてくれたナンパ術

ども、パプリカです。

先日こんな記事を見ました。

https://r25.jp/article/905068025983721586

GACKTが教える帝王学。

「帝王学」ってなんでこんなにそそるんでしょうね。

この記事で言ってることは至極当たり前です。
シンプルです。

多分読んだ人の9割は
「なるほどなー」
と思うと同時に
「ま、わかってるけどね」
となるんじゃないかと思います。

僕もそのうちの1人です。

ただ、この感覚は人生で何度もありました。

「頭ではわかってるけど…これはモノにしなきゃダメだ」

そんなセンサーが引っかかって、
より理解を深めたいと思いました。

余談ですが、
人が成長する時はこんなイメージ図です。

まずは知識を入れて「知っている」状態を作る
それを実際に活用(アウトプット)して「できる!」あるいは「できない!」という感情を味わいつつトライ&エラーを繰り返す
それを繰り返してるうちにだんだんと「感覚」に落とし込み何も考えなくてもできる状態を作る

これが僕の中での「成長」の定義です。

話を戻すと、
今回のGACKT対談記事を図解するとこんな感じ

失敗は成功までのプロセスの一部。
これを感覚的に理解できると失敗の解釈が変わってくる。

簡単に言えばムダに凹まなくなる
失敗に囚われなくなる

ナンパで言えば
「美女をクロージングする」
というゴールがあったなら、

その過程で美女に断られるのは当たり前。
それが地蔵の人はこんなイメージになってる

失敗をあまりに大きく捉え過ぎて
それに左右され過ぎてしまう。

後ろにある成功がまったく見えてなく
楽しくなくなる

失敗が怖くなる

この感覚を
「頭ではわかってる」
から
「感覚でわかってる」
状態にすればもはや失敗が怖くなくなる

で、その上で大事なのが
「ハードル設定」

簡単すぎず、
難し過ぎず、
ちょうどいい難易度のゴールを設定してあげることが重要。

もし地蔵で悩んでるなら
「1日1人に声をかける」
でもいいし、

それが無理なら
「男でもおばちゃんでもいいから1日1人に声をかける」
でもいいし、

それが無理なら
「店員さんに声をかける」
でもいい。

マリオやドラクエと一緒で
1面クリアしたら次ちょっと難しいステージを自分で用意する。

これを繰り返すことで
クリアする快感を感覚的に理解できてくる

と言う感じで。
これ、僕もやります。

まずは
「1日1人に声をかける」
をやっていこうかな。

そして常にこの図をイメージする。

ではでは。