クズ部式ハッピーメール攻略講座 Vol.3〜ファーストコンタクトは共通言語を使おう〜

どうも、パプリカです。

出会い系攻略講座3回目です。

ちなみに前回は「アプローチ編」として「釣り型」の待ちのアプローチ方法をお伝えしました。

クズ部式ハッピーメール攻略講座 Vol.2〜出会い系は釣りと同じじゃけんのう〜

今回は、アプローチしてコンタクトを取れた女性とのファーストコンタクト〜連絡先交換までの方法をお伝えします。

1.ファーストコンタクトは共通言語を使う

まずは最初のメッセージのやり取りです。
ふつうの出会い系のやり方だと最初のメッセージさえ見られないことは良くあります。

それは女性には大量のいいね!やメッセージが来るからだと前回の記事では説明しました。

でもクズ部式のノウハウをやってもらえば、まず相手は自分に興味を持ってもらった段階でファーストコンタクトを取れるのでそれだけ有利になります。

で、そのためにファーストコンタクトで気をつけるべきことは「共通言語を使う」ということです。
要は「女の子が反応できる言葉」を使います。

もっとわかりやすく言うと相手のプロフィールや日記で書かれていることをもとに最初のメッセージを送るということですね。

例えば

「足あと(いいね!など)ありがとねー^^スポーツ何系が好きですか?」

とか、

「いいね!あざすです〜!◯◯市で1番美味しかったランチどこですか?ちなみに僕は◯◯なんですけど。。。」

という感じで、プロフィールやその子の掲示板のコメント、日記から読み取れる情報をもとにファーストコンタクトを取っていきます。

2.連絡先(LINE)交換までの流れ

さて、ファーストコンタクトを終えたらサイト上でメッセージのやり取りをして、いい感じになれば連絡先の交換に入ります。
サイト上ではポイントを消費しないとメッセージのやり取りができないのでいかに少ない回数で相手と打ち解けられるかが勝負になります。

女の子と何回ぐらいやり取りすれば連絡先を交換できますか?

初心者の方で多いのが、女の子と何回やり取りをしたらいいのかわからないという質問。
ただ、この質問はそもそも回数にフォーカスするのが間違っています。

相手も人間なので、回数ではなく打ち解け具合で見ていきましょう。

とはいえ、やはり目安があった方がわかりやすいと思います。
具体的にはだいたい3〜5回、多くて7回でしょうか。

7回以上しても連絡先をゲットできないのであれば、もともとその子にその気がないか、やり取りのどこかにミスがある可能性があります。
後者の場合なら改善の余地があるので、わからない方は僕に直接相談してきてください。

連絡先交換OKのサインとは?

じゃあ女の子がどうなったら連絡先交換を打診すればいいのかって話なんですが、わかりやすいサインとしては3つあります。

  1. 返事がすぐに返ってくる
  2. 返信メールの内容が質問の回答+αで返ってくる
  3. 女の子から質問をしてくる

これらはあくまで「傾向」なので、これがあれば確実に連絡先が交換できるというものではありません。
ただし、このサインが出てくることで相手が自分にある程度興味を持っている状態である可能性はかなり高くなるので、目安にしてみてください。

1つずつ解説していきますね。

1.返事がすぐに返ってくる

先ほども書いたように、女の子にはたくさんのメッセージが来ます。
その中で自分に定期的にメッセージを返してくれるということは一定の興味があるということです。

ただし、いきなり「LINE交換しよ」だとイヤに感じる女の子もいます。
このへんは言語化しにくい部分でもありますが、経験を積みながら「これならイケる」という感覚をつかみましょう。

2.返信メールの内容が質問の回答+αで返ってくる

出会い系にいる女の子って「こいつコミュ症なのかなw」と思うぐらいに返信文が短いですw

例えば、「どこに住んでるの?」と聞くと「渋谷の近く〜」とだけしか返してこないヤツとか当たり前のようにいますからね。
ま、出会い系サイトという性質上、たくさんの男からメッセージが来るので調子に乗る女の子も多いです。

そんな中でメールの内容が「質問の回答+α」で返ってくればある程度の好意をこちらに持ってくれていると考えてもOKです。
会話をしながらいいところで連絡先交換の打診をしましょう。

3.女の子から質問をしてくる

これも2番とカブりますが、質問に対して返事しかしてこない女子はかなりいます。
その中で、女の子から質問してくれるということはやはりこちらに興味がないとしない好意になります。

これも様子を見ながらやり取りして、キリの良いところでLINE交換に入りましょう。

まとめ

では、今回の講座のまとめをすると、

1.ファーストコンタクトは共通言語を使って、女の子が反応しやすいメッセージを送る

2.やり取りをしていく中で、【すぐに返事が来る、返信の内容にプラスαがある、女の子から質問してくる】の3つのサインのどれかがあれば、キリの良いところでサインを見極める

いろいろやることがあるように思えて、実はこの2ステップに集約されます。

 

ではでは、次回はLINEをゲットした後のやり取りに移ります。

クズ部式ハッピーメール攻略講座 Vol.4〜LINEのやり取りで意識したい6つのこと〜