クズ部式ハッピーメール攻略講座 Vol.5〜デートのアポさえ取れれば70%の確率でイケます〜

どうも、パプリカです。

いよいよ第5回となりました。
今回はいよいよ「デートのアポを取る」ということですね。

これは僕のデータになりますが、出会い系で出会った子で、1回目のデートで即お持ち帰りできる確率は約70%になります。
つまり、デートのアポさえ取れれば70%の確率でお持ち帰りできると言っても過言ではありません。

ということで、会う約束を取り付けるためのノウハウを学んでいきましょう。

1.相手が興味のあることを使って誘い出す

人間、誰しも自分にとってのメリットがなければなかなか行動には移しません。
それは女の子と会う約束をするにもそうです。

そこで、今までのLINEのやり取りやプロフィールなどから探った相手の”興味のあること”をきっかけに誘うのが最も確率が高い誘い方になります。

いくつか例を挙げると、

趣味がカフェめぐり→

「◯◯でめっちゃオシャレなカフェ見つけたから今度行ってみない?」

お酒が好きな子なら→

「◯◯で日本酒飲み放題とかあるんだって!時間ある時行こうよ〜」

相手がゴルフしたいと言ったなら→

「おれもゴルフやってみたいなー。今度打ちっぱなし行ってみる?」

という感じですね。

会話の自然な流れから入れればベストですね。

基本的には女の子の「見たい、行きたい、食べたい」
この辺りをLINEのやり取りの中でリサーチしておけばかなり誘いやすくなるんじゃないかと思います。

2.会いに行く理由を与える

女の子はいつだって人のせいにしたいものです。(極論ですがw)

ホテルに行くのも「男性に強引に誘われたから…」という理由があれば自分を正当化できるわけです。

今回の「会う約束をする」というのも女の子に理由を与えてあげることが大事です。

ふつうの感覚を持った子なら多少なりとも出会い系で男の人と会うことを心のどこかでためらっています。

「出会い系でホイホイ会いに行ったら軽い女と思われるんじゃないか」
「友だちに会ったら何て言おう…」

そういう女の子に「行く理由」を与えるのがまさに1番の「興味のあることで誘う」ということです。

・ゴルフ教えてくれるって言ったから来ちゃった
・お酒おごってくれるって言うから来ちゃった

こんな感じで自分が悪者を演じつつ、誘ってあげるのが女の子に対するマナーでもあります。

まとめ

というわけで、以上2点の

1.興味のあることでデートに誘う

2.女の子が「しょうがないかぁ」という行く理由を与えてあげる

を意識することによって、女の子が高確率でデートの誘いに乗ってくれると思います。

 

今回で全5回の出会い系サイト攻略講座は終了です。
デートのアポまで取れればあとはナンパやふつうのデートとほぼ一緒の流れです。

アポを取れれば70%はゲットしたも同然。

もしなかなか自信がなくてできなかった…という方もこの講座で良いイメージを持てたんじゃないでしょうか?

まだ登録をしていない方はこちらからどうぞ

→ハッピーメールで無料登録をする