ナンパで地蔵を無理に克服しないでいい理由

「よっしゃ、ナンパしに行くか!」

そう張り切っても街に出ると地蔵になってしまう…

地元の知り合いに見られてしまわないかという不安
女の子に声をかける恥ずかしさ
周りの人に見られてしまうという恥ずかしさ
もし会話が始まった後にどう展開しようという不安
「この子でナンパ成功してもなぁ…」という高望み

僕が地蔵をする理由は腐るほどある。

「ナンパしたいナンパしたいナンパしたい!!!」

内なる思いとは裏腹に、

「やっぱダメだ…」
「おれじゃ無理だ」
「女の子に迷惑だし…」

実際に行動は伴わない…

 

↑こういう地蔵パターンって多いと思うんですよね。

ナンパをする上で「あ、あの子かわいい!」と0.2秒でソッコー声をかけられるのってほんの一部の人間だけです。

地蔵するのが当たり前だし、それはそれで通るべき道なんですよね。

そして最初に超えるべき壁でもある。

ナンパ地蔵してる時間はムダなのか?

じゃあこの地蔵している間の時間ムダなのか?っていうと全然そうじゃないです。

 

まず、地蔵するってことは少なくともストリートに出て女の子を物色しながらウロウロしてるってことです。
その時点であなたはスーパー前向きな人だってことは一目瞭然ですw

家でゴロゴロと「あぁ、ヤりてぇ」とか思ってもそれはもちろん地蔵じゃないんですよね。

 

で、その地蔵している時間を有意義なものにするためにしたいのが「セルフトークスパーリング」

セルフトークはわかりますか?

自分の内なる声ですよね。

地蔵中でありがちなセルフトークは、

「あぁ…おれにはやっぱ無理だ…」
「あの子はかわいすぎる…」
「よーし行くぞ。よーし行くぞ…あぁ人が来たからダメだ…」

みたいなのをセルフトークって言います。

地蔵してる時ってのは9割が自分との会話だとですよね。

ナンパ地蔵の原因は変化を恐れる人間の習性

ナンパで成長したい、変化をしたい向上心アリアリな自分と、

変わること、デメリットを嫌って何もしようとしない保守的な自分との究極の戦いでもありますねw

で、この戦いはほぼ9割は保守的な自分が勝ちますw

なぜか?

人は「変化」が怖いんです。

人は自分の命を守るために数千年前から「変化」をしないようにプログラムされてるからですね。

原始時代とかだと変化は生命の危機に直結しますから。

 

で、そんな習性がナンパ時にも引き継がれるという皮肉なことが起きてるわけですが、このセルフトークと戦う(スパーリング)ことによってどんどんと自分の行動を変えることができます。

ま、小難しいことは考えずに地蔵中に思ってる逆のことを心のなかで唱えれば良いんですよね。

・オレには無理だ→オレならできる
・あの子はかわいすぎる→よっしゃ今日イチの美人キターー
・周りの人がいて恥ずかしい→周りのヤツに見られたとこで大したことないな

こんな感じです。

ただただ地蔵をするよりも何万倍も効果がありますよ。

実際僕もこの間5時間ぐらい地蔵しながらセルフトークスパーリングしてましたからww

 

で、人間の行動は「言葉」で定義されてるんで、セルフトークを変えると結果的に行動も変わってきます。

騙されたと思って次回のナンパ時に試してみてくださいw

ではでは~

P.S

あなたは街なかでどんな美女でも0.2秒で声かけできていますか?

僕自身、ナンパ地蔵克服までにめちゃくちゃ苦しみました。

そんな地蔵から脱出するまでのノウハウ、心構え、テクニックなどをまとめました。

こちらからどうぞ

地蔵克服したら人生変わったw