女子高生が好きな男子に絶対に知って欲しい落とし方とリスク

どうも、パプリカです。
女子高生というのは男にとって永遠の憧れでもあるかもしれません。

今回は女子高生好きのあなたに彼女たちの落とし方や付き合う法律的なリスクをお伝えしていきたいと思います。

多分これを知らずに女子高生とホイホイ遊んでいると最悪『逮捕』なんてこともあるかも…笑

クズ部を読んでくれた人に逮捕者は出したくないので僕が知る限りのことをお伝えしていきますね。

そもそもなんで女子高生ってあんなにそそるんだ

男子全員というと言い過ぎですが、日本の成人男性の50%ぐらいは女子高生が好きなんじゃないかなと思います。
なぜそんなにJKは魅力的なのか?
少しだけ分析してみましょう。

  • 制服が最強すぎる
  • お肌ピチピチ
  • 時代とともにかわいい子の底上げ

・制服が最強すぎる

男性は女子高生の制服にかぎらず、制服フェチは多いですよね。
ナース、スチュワーデス、OLなどなど。

その中でも女子高生の制服というのは人気の高い部類です。
昔からおニャン子クラブ→AKB48と人気になったのも男性が潜在的に制服が好きだからなのかもしれません。

社会人になった僕らが女子校に放り込まれたら1日中興奮しちゃいますよね。
そういう意味では男性教師が血迷って変なことしちゃうのも…気持ちはわからなくはないですね笑

・お肌ピチピチ

もちろん20代の女の子でもケアをがんばっている子はピチピチなんですが、やはりハリが違いますよね。
大人になって未成年(18歳以上)と触れ合うとそのハリが実感できます。

逆に熟女好きの方は肌が萎れた感じが好きだと言いますしね。

・時代とともにかわいい子の底上げ

今はスマホやネットの技術が発達して誰でも情報を手に入れられる時代です。
となると、おしゃれなメイクの仕方とかファッションの情報とかが手に入りやすいんですね。

その影響からか、最近の女子高生はめちゃくちゃ大人っぽくてかわいい子も多いです。
見た目は大人、中身は子どもというギャップもそそりますからね。
ITの時代にありがとうと言いたいですね。

女子高生と遊んで逮捕されないために…

さて、ここからが大事なところです。
女子高生と遊んでいても「いつ訴えられるかわからない」なんて精神状態だと心の底から遊べませんよね。

ということで合法的に女子高生と遊ぶ方法を調べてみました。
僕は法律の専門家じゃないので、あくまで参考程度に読んで下さいね。

女子高生として良いこと、悪いこと

  • LINE交換→○
  • カラオケ→○
  • 飲酒→×
  • セックス→△

となります。

セックスを△にしたのは、未成年と性行為に至って捕まるケースは本人(女子高生)またはその親に訴えられた時です。
つまり、法律上では18歳未満にわいせつ行為をするのは×なんですが、相手やその親の同意があれば犯罪にはならないということです。

では、女子高生と真剣に付き合いたい場合、あるいは遊びたい場合にはどうしたらいいのでしょうか?

真剣に付き合いたい場合

  • 付き合うことを申し出る
  • 親に認めてもらう
  • 証拠を残す

付き合うことを申し出る

まずは相手の女の子に真剣に告白し、正式に付き合ってもらうことです。
最近は「付き合おう」の言葉もなく男女が付き合うケースはよくありますが、未成年とそんな付き合い方をしては、いつ「別にこの人と付き合ってない」と言われれば終わりです。
なので、性行為に至る前に正式にお付き合いすることが重要です。

親に認めてもらう

そして、親に認めてもらうことです。
先述したように犯罪になってしまうケースは本人かその親の訴えによるものです。
できればお父さんとお母さんの両方に認めてもらうのがベストですが、一般的にはお母さんの方が了承を得やすいでしょう。
真剣なお付き合いがしたいのであれば、そのぐらいのことをしても良いかもしれません。

証拠を残す

最後に証拠を残すということです。
日記や写真、手紙など、いざという時のために真剣に付き合っていた形跡を残すことです。
法律上、その証拠がどのぐらい効果があるかはケースバイケースなので未知数なところもありますが、ないよりはマシです。
自分の身を守るためにもしっかりと残しておきましょう。

女子高生と遊びたい場合

世間的には褒められたもんじゃありませんが、女子高生と遊びたいってのが男子の(というか僕の)本音ですよね。
その上での注意点を簡単にまとめてみました。

  • 悪巧みしてそうなヤツとは遊ばない
  • 親の厳しさをさらっとチェックしてみる
  • 自分の本名、電話番号、家を教えない

悪巧みしてそうなヤツとは遊ばない

まずは悪巧みしていそうな子とは極力遊ばないことです。
先ほども書いたようにITの発達によって女子高生もスマホで大人並の情報を手に入れられる時代です。
スマホでググれば社会人の男からお金を騙しとるような女子高生もいるかもしれません。
これは直感に頼る部分もありますが、女子高生と遊びたいならちんこよりも先に自分を守るアンテナを立てていきましょう。

親の厳しさをさらっとチェックしてみる

そして、さらっと親御さんの普段の厳しさ、遅く帰った時の対応などを聞いてみましょう。
1番まずいのは「ウチの娘がいなくなった!」と警察に相談されたり、家出捜索を出されることです。
日常的に夜遊びやお泊りしているかを普通の会話の間に入れてみましょう。

自分の本名、電話番号、家を教えない

基本的に↑の3つを教えなくてもお持ち帰りはできます。
教えるのは最低LINEだけでもOKです。
本名を登録していないLINEアカウントがあればベストですが…笑

安心できる子なら家に連れ込んでもいいかと思いますが、その時は家の道順を覚えられないようにタクシーで帰還することをオススメします。
僕は過去に家にまっすぐに向かわずにジグザグに歩いて道を覚えさせないの術を使っていましたw

女子高生と出会いを広げるならネットナンパもアリ

リアルなナンパもいいですが、ネットナンパ(出会い系)なら年齢的にもちょっと前まで女子高生だったって子がめちゃくちゃいます。

女慣れしてない方やナンパ初心者の方は一度ネットナンパで慣れながら感覚をつかんでもいいかと思います。

僕は実際、女慣れしてない状態からちょいちょいネットナンパで女の子と知り合ってから居酒屋で飲み→お持ち帰りというのを繰り返して自分に自信を付けていった1人です。

僕がネトナンで使ってたのは「ハッピーメール」というサイトが1番出会えました。

サクラも少ないですし、東京・名古屋・沖縄で試しましたがどの地域でもまんべんなく出会えました。

沖縄ナンパスポットのハッピーメールリンク1

ハッピーメールはこちらをタップ

ネットナンパ(出会い系)に抵抗がある方も多いと思います。

そんな方はこの記事で疑問・不安を解決しちゃってくださいね。

出会い系ってホントに無料?サクラは?架空請求されない?疑問・不安にすべてお答えします

ではでは~