クズ部式ナンパ成功法則【アプローチ編 Vol.3】女の子と仲良くなるために意識したい3つのこと

どうも、パプリカです。
前回はアプローチの原則と2つのアプローチ方法についてお伝えしました。

関連記事のIDを正しく入力してください

本章では、アプローチである程度良い反応をもらえた子とより仲良くなるためのトーク術をお伝えしていきます。

女の子と仲良くなるために意識したい3つのこと

さてさて、前回のノウハウで声掛けで驚きを与え、その後に多少笑わせたり、「なんですか?」と反応を得ることに成功したと思います。
そこまで成功したら次は会話を展開しながら仲良くなることです。

会話を展開し、仲良くなるためには次の3つの要素が大事になります。

  1. チョけて笑わせる
  2. 共有スペースを使う
  3. S的に切り返す

1つずつ見ていきましょう。

1.チョけて笑わせる

チョける =ふざけるという意味ですね。
まじめ一辺倒の会話では、幅広い女性を口説くのは難しいです。

とくにかわいい子、キラキラ系女子は楽しませてナンボのとこありますからね。

「いや、でも僕笑いのセンスはまったくないんです…」

もちろん、そんな人でも全然ダイジョブです。
むしろ僕自身それほど笑いの才能もないですし、すべることも多々あります。

でもあなたに知っておいて欲しいのは「笑いは才能ではない」ということ。

芸人になって売れるのと、ナンパで女の子を笑わせるのは違います。
そして笑いの技術は実際に伸ばすことができます。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

関連記事のIDを正しく入力してください

2.共有スペースを使う

共有スペースというキーワードはこれまで何度も出してきたので、おわかりの方も多いと思いますが、もう一度復習しておきましょう。

女の子は目の前のモノや感情、風景、様子や女性自身が知っていることなどを話題にすることで反応が良くなります。
これらを「共有スペース」と言います。

具体例を挙げると、

目の前のモノ・人→カフェの内装や食器、メニューや店員さんなど
女性が感じていること→お腹がすいた、雨がウザい、暑い、行列が長くてイライラしているなど
女性が知っていること→その女性が興味のあること、共通の友人の話、さっきあった出来事など

↑これらをうまく使えば「なんて話せばいいのかわからない(>_<)」ということも減ってくると思います。

じゃあ逆にNGな話題は?
NG例を知ると、より共有スペースを理解できるかもしれません。

男性側だけが知っていること→男の趣味の話、仕事の自慢話、昔の武勇伝などなど

↑これらをネタにしても女性はイメージができずに、なかなか盛り上がることができません。
もちろん、まったくしてはいけないというワケではないですが、まずは女性と仲良くなれるまでは「共有スペース」を使いこなしましょう。

3.S的に切り返す

会話の中で相手女性もなんらかの反応をしてくれます。
女の子に慣れていない男性だと、その反応をすべて肯定的に受け取りがちです。

例えば、
女「◯◯っておいしいよね〜」
男「うん、おれも大好き〜」

女「今度◯◯行ってみたいな〜」
男「いいね!今度行こうよ!」

みたいな同調、共感系ですね。
もちろん、会話の中にこれらはあって良いんですが、リアクションが肯定系だと女性もつまらなくなってきます。

「わたしに合わせてるんじゃないの??」
「自分の意見はないの??」

じゃあどうすればいいか?というと、「S的に切り返す」わけですね。
これができると、女の子的にも刺激になりますし、バランスよくSキャラを振る舞えば主導権を男性側が握り、女性をコントロールしやすくもなります。

具体例を挙げると、
女「ワッフルっておいしいよね〜」
男「は?お前マジで言ってんの?w あんなんめちゃくちゃノド乾くじゃんww」

的な感じです。
別の例を挙げると、

女「今度映画見に行こうよ〜」
男「えー、やだよ。おれすぐ寝るもんw それより図書館行こ。おれ最近哲学にハマってるから」
女「え?マジで?」
男「うん、ウソ( ・ _ ・ )」
女「しねww」

↑この例では「S的な切り返し」と「チョけて笑わせる」を合わせた例ですね。

このS的な切り返しを使えるようになれば、かなり女性との会話の幅も広がりますし、何よりいろんなタイプの女性をゲットできるようになるので、ぜひマスターしてください。

まとめ

というわけで、仲良くなるために

  • チョけて笑わせる
  • 共有スペースを使う
  • S的な切り返し

の3つを意識することが重要だとお伝えしました。

この3つのスキルは普段の会話でももちろん使えるので、ぜひぜひマスターしてください。

次章はアプローチで仲良くなった後のカフェor居酒屋への連れ出しオファーを学んでいきましょう。

関連記事のIDを正しく入力してください