オナ禁のメリットデメリットを調べたらオナ禁しなかったことを後悔した

ども、パプリカです。

オナ禁についてまったく興味がなかった僕ですが、ふと1週間ぐらいオナニーをしていないことに気付きました。

「オナ禁ってどんな効果があるんだろ?」

そう思って割りと本気で調べてみました。

結論から言えば、オナ禁めちゃめちゃメリットあります。

モテるとか、仕事がうまくいくとか言われてますが、それも論理的に理解できました。

その情報をシェアしていきますね。

オナ禁の結論。オナ禁は男性ホルモンをコントロールできるのが肝

まずオナ禁の結論を言います。

「オナ禁をすることによって男性ホルモンのテストステロンが上昇する。それによってのメリットを享受できる」

早い話、これだけです。

これだけですが、僕ら男にとってはめちゃめちゃメリットがでかいです。

テストステロン増えたらモテる。仕事がうまくいく

僕はオナ禁を調べたばっかの時にこういう謳い文句を良く見ました。

「オナ禁するとモテるぞ!」

「オナ禁をすると成功者になれるぞ!」

これだけ見ると都市伝説。

そりゃ賛否両論出るよなって感じです。

じゃあなぜモテるのか?なぜ仕事がうまくいくのか?ってのをロジック(論理)で理解してしまえば、割りと納得できる内容でした。

後は自分が試して効果を実感できるかどうかって話です。

オナニーしたら何が悪いのか?

そもそもオナニーしたらどうなるかっていうと悪玉の男性ホルモンが増えます。

ジヒドロテストステロンってやつでDHTと呼ばれてます。

対して善玉男性ホルモンがテストステロンです。

射精をしると善玉のテストステロンが減って男性ホルモンが薄まります。

その薄まった男性ホルモンを補おうとしてDHTが増えます。

これが諸悪の根源なんです。

 

逆にオナニーをしなければテストステロンは上昇していきます。

これを大前提として見ていってください。

オナ禁をするとなぜモテるのか?

まずは「モテる」というメリットにフォーカスして考えてみましょう。

1.DHTが増えると肌が荒れる

DHTが増えると肌から皮脂が分泌され、ニキビ、肌荒れが起きやすくなります。

男が外見でモテる要素として大きいのは髪型、ファッション、そして肌のキレイさです。

そのうちの1つの要素、肌荒れを防ぎ、肌ツヤが良くなるオナ禁は間接的にモテると言えるんです。

2.テストステロンが増えると男らしくなる

テストステロンはメンタル面に大きな影響を与えます。

より男性的に、より攻撃的になるので、恋愛にも攻めの姿勢で行けます。

これはメルマガでも言ってますが、男らしさがモテるため、口説くための最大の要素でもあります。

つまり、メンタル的にも女性にモテる要素が上がるということになります。

3.仕事ができる=モテる

後述しますが、仕事がデキる=モテるにつながります。

イケメンがモテるのと一緒で、仕事、収入、身長、筋肉、トークスキル、男らしさなど顔以外にもモテる要素はいろいろあります。

その中の1つである仕事が出来れば、必然的にモテるようになります。

さらに仕事ができれば高確率で年収も上がるので、さらにモテやすくなります。

4.ハゲないからモテる

オナ禁のメリットにハゲないというのもあります。

事実、オナニーのしすぎで増加するDHTが増えると薄毛が進行します。

よくある育毛剤とかはこのDHTの生成を抑える働きがあります。

逆に言えばオナ禁でテストステロンが増えればハゲの進行が抑えられるわけです。

で、ハゲてない=モテるにつながるわけです。

ま、ハゲててもその他の要素満たしてれば全然モテますが。

5.モテる→成功体験→自信が付いてさらにモテる

1〜4のメリットを享受して、モテてきます。

すると自分に自信が付いてさらにモテるようになります。

こうなるとモテスパイラルが形成されてどんどんステージが上がっていきます。

勝ち組への入り口ですね。

ぜひ、モテたら女子をハプニングバーにでも連れてって楽しいことしてみてくださいw
僕はこんなことしてました。

関連記事のIDを正しく入力してください

オナ禁をするとなぜ仕事がうまくいくのか?

次に仕事面ですね。

これも1つずつ見ていきましょう。

1.オナ禁すると自制心がつく

僕も実際毎日オナニーをするオナ猿だったこともあります。

というか時期的にそうなったり、ならなかったりの繰り返しです。

やっぱり思い返してみると、オナニーしまくる時は暇だし、欲望をコントロールできないんですよね。

人間の3大欲求のうちの1つをコントロールできるわけですから、そりゃ自制心つくよねって話です。

食事も睡眠もやり過ぎは体によくないんです。

性欲の部分もほどほどが体に1番いいんですよね。

2.単純に時間を有効活用できるようになる

直接的なメリットとして、そもそも時間が浮きます。

あなたはオナニーにいつも何分かけてますか?

僕はいつも15分以内では終わらせよう!って思うんですが、納得のいく動画が見つからないといつの間にか1時間ぐらい経っちゃってる時あるんですよね笑

で、なんかエロサイトを転々として別に見たくもない記事見まくって時間を無駄にしてた。。。ってこともしょっちゅうでした。

オナ禁をしてれば、その時間が丸ごと浮くわけです。

1日30分だとしても、その30分で仕事したり、本を読んだりと自己投資もできるわけです。

そりゃ仕事できるようになるよねって話です。

3.テストステロンが上昇することで集中力、作業効率、決断力が増す

テストステロンが増えるとメンタル面に多大な影響を与えてくれます。

その男性ホルモンが増えると集中力、作業効率が増します。

昔から狩りは男性の仕事で、その仕事を成功させるためにこういう効果があるんだと思います。

これは現代の男性の仕事にも共通していえますね。

上記のメリットから言ってオナ禁をすると仕事ができるようになるんです。

オナ禁にデメリットはあるのか?

で、不安になるのはデメリットがあるのか?って話です。

これには前立腺がんのリスクが高まるという報告もありますが、長期間オナ禁をやった場合の話です。

僕の方法であればそのデメリットも補える方法でオナ禁ができます。

オナ禁は半年も1年もしないでいい。1週間だけでいい。

よく友だちで

「おれ◯◯日間シコってないぜ」って自慢してくるやついませんでしたか?笑

おそらく僕もしてました。

結論から言えば、オナ禁は1週間でいいです。

こういうデータがあります。

teststerone-graph
参照元 http://xn--7qwv8d.net/ona-kin/

オナ禁の効果は7日目でピークを迎えて、その後オナ禁を続けてもリセットしても効果は変わらない、それどころか8日目にリセットした人の方がテストステロンの恩恵を受けられる結果となりました。

これはもう週1オナニーしろってことです!笑

週1オナニーしていいんです!

【朗報】オナニーは週1にしなさい

ということで、上記の結果から見て、最もオナ禁の効果を得られるのは週1オナニーをすることであることが判明しました。

これを長期間続けることでモテる、仕事がデキるようになるという結果を手にできるでしょう。

僕もこれほどまでにオナ禁について調べたことがなかったので、実際に試してまた体験記を書きたいと思います。

それではご清聴ありがとうございました。