大阪のナンパスポット公開!三拍子そろった美女はここにいる

どうも、パプリカです。
今回は大阪のナンパスポットを調べてみました。

大阪には僕は定住したことはないんですが、住んでみたい&大好きな街No.1の街です。

何より関西弁女子が好きということもあるんですが、お笑いレベルが女子でもダントツトップだと思うので、かわいい&楽しい&エロい女子を見つけていきたいですね。

大阪で狙う女の子は?

大阪でのターゲットは先述したように「かわいい&楽しい&エロい」の三拍子そろった女の子をゲットしたいですね。

大阪出身の芸能人で言えば山本彩(NMB)、夏目三久のようなイメージですね。

夏目三久はテレビで関西弁を出すことはほとんどないですが、有吉・マツコと渡り合えるあたりは頭の回転が早くないとなかなかできないですからね。

こんなお笑いレベルが高い美女を探していきたいと思います。

地方民はわからない「キタ」と「ミナミ」とは?

大阪でよく聞くのが「ミナミ」ですよね。
これは地名ではなく、俗称らしくて梅田周辺のことを「キタ」、難波周辺のことを「ミナミ」と呼ぶようです。

「ミナミ」はミナミの帝王とかで何度か耳にしてたんで知ってましたが、「キタ」があるのは初めて知りました。

有名ナンパスポットは入るべからず

目的にもよりますが、大阪の有名ナンパスポットでナンパをすることはあまりオススメできません。

というのも、大阪人の気質はただでさえ荒い(全員ではないけどw)のにナンパスポットと呼ばれるところでアプローチしてもなかなかうまくはいかないわけです。

それが難波のひっかけ橋ですね。
あのグリコの看板の目の前です。

あそこはもはやナンパ師が腕を競っているようにも思えます。
修行と位置づけてアプローチするにはうってつけの場所じゃないでしょうか。

梅田のHEP周辺は警戒心低め

梅田にHEPという商業施設があります。
平たく言えばデパートですね。

そこもまぁまぁのナンパスポットなんですが、ひっかけ橋に比べれば難易度は下がります。

とくに昼間の明るい時間帯なら、それほどナンパ師もいないので、自然な会話から入ればアプローチで和むことができそうです。

終電がなくなったらクラブがオススメ

ナンパ師が多く、警戒心が強い大阪とはいえ、クラブでは女の子もナンパされに来てるようなもんなので、ストリートでうまくいかなければ迷わずクラブに行きましょう。

大阪の三大ナンパ箱と言われる

・ジラフ(通称、麒麟箱)

・バンビ(通称、子鹿箱)

・ジュバル(通称、騎士箱)

バンビ、ジュバルはそれぞれ心斎橋にあります。
それよりもっと南に行ったところにジラフがあります。

ジラフは大阪でも最大級の箱と言われていますが、男性比率が高めのようです。

ジュバルは大人な雰囲気で、外人さんも多いんだとか。
大阪にいる外人さんはふつうの外人さんとは毛色が違うんでしょうか?

このへんはさらなるリサーチが必要ですね。

大阪の厳しい洗礼に備えてネットナンパで大阪女子をキープする方法

 
クズ部では、確実にその土地の女の子をゲットするために「リアルナンパ×ネットナンパ」のノウハウをお伝えしています。
 
ネットナンパとはつまり「出会い系」ですね。
 
ちなみに、僕が最も素人女性に出会えたのはハッピーメールというサイトです。
 

ネットナンパで半年間で30人の素人女性に出会えた詳しいノウハウ&テクニックはこちらにまとめています。

関連記事のIDを正しく入力してください

「ネットナンパは怪しい…怖い…」という方はこちらも見てみてくださいね。

 
関連記事のIDを正しく入力してください