タップルで人妻をセフレ化した体験談&ノウハウをまとめてみた

ども、パプリカです。

僕が名古屋に引っ越してきたばかりの時、急激に女の子と遊びたくなりました。

「あ〜、遊びてぇ〜」
「って言っても出会いないしな〜」

選択肢はナンパ、出会い系、同僚に手を出す(?)などいろいろありましたが、僕はマッチングアプリを選びました。

pairsやOmiaiなどいろいろ試しましたが、最終的には「タップル誕生」というアプリが1番成果が出ました。

タップルは他のマッチングアプリと違って月額0円でも利用できちゃうんで初心者にも玄人にもオススメです。

この記事ではその時の体験談と出会った女性をゲットするノウハウをまとめました。

※タップルのインストールはこちらからどうぞ。

タップル誕生

松雪泰子似の人妻をセフレ化した話

タップルを始めてすぐに1人の女性(以下Rさん)とマッチしました。

第一印象は「お、かわいい!でも38歳か…」

年齢が結構イッてると実際会った時のギャップで悲しむことが多いので最初は会わないでおこうと思いました。

しかし女に飢えてた僕はイチかバチかに賭けて会いに行きました。

 

そして当日…楽しみ2割、不安8割で会いに行くと
「え…美人w」

38歳とは思えないスタイルと松雪泰子似のルックス。
こんな人がアプリやってんのか!と心の中でガッツポーズ。

冷静を装いながら「じゃ、行きますか」とランチへ。

お店で和みトークからの深トークを展開

平日の昼間、僕は仕事をサボってRさんに会いに。(仕事が営業なので…)

行ったのは小奇麗なパスタ屋ランチ。
しかも個室。
意図せずにラッキーな状況となりました。

最初に目指すのは「和むこと」

まず目指したいのが和んだ雰囲気を作ること。

和むとは…軽い笑いが起きながら、トークが弾んでいくイメージです。

今までのやり取りの中での話をしたり、会う前のイメージを話し合ったり、メニューを選びながら和む雰囲気を作っていきます。

この時大事なのは
・ユニーク
・共有スペース
・すり替えのS
の3つです。

※詳しくはノウハウまとめ編で解説しますね。

僕とRさんは緊張しながらも、ちょっとずつ打ち解けてきました。

和んだら次は「言い合える関係」を作る

次に目指すべきは言い合える関係です。

言い合える関係とは…タメ口を使ったり、ボケに対してツッコんだり、ツッコまれたりと、より仲良く会話できるイメージです。

Rさんの発言や行動に対してツッコんだりしながら徐々に距離を縮めていきます。

例えば会話の一例を出すと、

俺「てかめっちゃスタイル良いよね」
R「えー、そんなことないよ」
俺「ま、そんなことないかw」
R「ひどーいw」
みたいなイメージです。

このぐらい軽いものからでOKです。

コツはクラスで自分よりレベルが下だと思ってる女子と接するイメージで接します。
そうするといい感じで女性への扱いが雑になって他の男性と差別化ができます。

Rさんのリアクションも会話を進めるうちに
「ひどーいw」
「違うしw」
とツッコんだり、ちょいボケをかましてきたりと会った時よりも確実に距離を詰めてきました。

「深トーク」ができればゴールはかなり近い

そして最終的に「深トーク」をして「なんで初対面の人にこんなに喋っちゃってるんだろう」という感覚を与えます。

深トークとは…主に恋愛、仕事、人間関係など相手女性が1番話したい話題、悩みを引き出すこと

この和み→言い合える関係という段階を踏んでいくと女性の方から自然に深トークの話題が出てきたりします。

Rさんの場合は2つあって、
1.実は結婚してること
2.最近フットサルスクールのコーチと失恋した

という2つでした。

特に「実は結婚してる」をカミングアウトされた時、僕は思わず心の中でガッツポーズしてしまいましたねw

(これは確実にセフレ案件やないかーーーい!!)と。

もうすでに夫とは冷え切っていて、ママ友からタップルの存在を教えてもらったとのこと。

僕はRさんの深トークをひと通り聞いてから「つか行こっか」と自分から退店を切り出しました。(※これも1つのポイントです。詳しくはノウハウ解説編で)

トークが弾んでいたのでRさんはちょっとビックリした顔をしながら「うん」と店を出ました。

お持ち帰りOKサインを確認したらホテルに誘ってOK

女性は会話の途中でちょいちょいお持ち帰りOKサインを出してきます。
知らなかったらOKサインとわからないようなものばかりです。

例えば僕のことをめっちゃ聞いてきたりします。

「普段もこのへんで遊んでるの?」
「彼女どのくらいいないの?」
「ホントはいろんな女の子と遊んでるんでしょ?」

これはどんどんこちらに興味を持ち始めている証拠です。

1回だけだとただの質問の可能性もありますが、これが何回も確認できてくるとOKサインの可能性が上がってきます。

僕もこのサインを何度か確認できたので退店してホテルに誘いました。

「てか、まだ時間大丈夫でしょ?」
「2人になれるとこ行こ」

すんなりOKを出す子もいれば、形式的に「え〜」と嫌がってから付いてくる女性と様々です。

Rさんの場合は後者でした。

「え〜w、今日会ったばっかりなのに〜」

正直、僕はこの時が1番興奮しますw
エッチできるかできないかのボーダーライン。

女性が自分から「わかった、行こうか」と言うことはあまりないので、男側がリードしてあげる感じでお持ち帰りしていきます。

松雪泰子とのセックスは最高でしたw

平日の真っ昼間、仕事をサボって僕は人妻とホテルに行きました。

ダンナさんともご無沙汰ってことで反応もめちゃくちゃウブでした。
肌も38歳とは思えないぐらいスベスベで、白い体を堪能しました。

平日の昼間なのでラブホが激安なのもうれしいw

この後、Rさんとはいい距離を保ったままセフレ状態になることができました。

直後にお礼のLINEもいただきましたw↓↓

とりあえず無料でセフレできるからアプリやってみて

普通、pairsとかOmiaiをやろうとすると月3000~4000円かかるんですが、このタップルというアプリだけはボーナスゲットっていう制度があって1ヶ月〜3ヶ月は無料で使えます。

僕のノウハウを実践してもらえば1ヶ月でセフレを作ることもできます。

2018年の現段階では最強の出会いアプリだと思います。

なかなか出会いがない、遊びたい!って方はお試しにやってみてください。

タップル誕生

思いのほか、体験談が長くなりすぎたので、ノウハウまとめ記事は別でUPしますね!