最強の完全無料マッチングアプリ、Tinderから始めなさい

ども、パプリカです。

僕が出会い系をやりまくっているのは会社ではバレバレです。

で、同僚からはマッチングアプリに関するお問い合わせをたくさん頂きます。

そこで1番多いのは「無料で出会えるアプリはないの?」という質問です。

僕は今でこそ出会いにお金をかけるのは当たり前と思ってるんで「いやいや、いい出会いしたいならとりあえずそこに投資しようよ」とか思っちゃうんだけど、僕みたいなガチ勢はなかなかいないわけです。

そこで最もオススメしたいのが「Tinder」というマッチングアプリ。

これを知ったときは目からウロコでした。

なんせこれ完全無料なのに(一部課金プランはアリ)有料アプリとほぼ同等のことができるんです。

PairsやOmiaiとかは1ヶ月3000〜4000円のコストがかかるんですが、Tinderはいいねもマッチング後のやり取りも無料で出来ちゃうんです。

これ、出会い系やってた人からすればもはや革命アプリ。

この記事ではそんなTinderの攻略法を紹介していきたいと思います。

Tinderはなぜ無料なのか?

そもそも「なんでこれが無料なの?」と思う方もいると思います。

簡単です。

YouTubeとかと同じで大部分を広告収入で補っています。

YouTubeも動画を見るのにお金はかからないですよね。

それと同じです。

あとは一部のガチ勢から入る課金プランからの収入もあるでしょう。

Tinderは2014年から始まっているみたいで、もう4年も運営できてるってことはそれなりに健全なビジネスモデルだと言えます。

無料=怪しいという安易なイメージで避けるのはもったいないです。

他のマッチングアプリと違うところは?

マッチングアプリによっても様々なので、ここではpairsと比べていきます。

ユーザーを検索・絞り込みができない

まずはユーザーを条件検索で絞れないということです。

Pairsは年齢、住まい、趣味などから絞り込むことができますが、Tinderは1枚1枚カード形式で女の子の写真が出てきます。

それを見て好きか嫌いかで判断していくので検索、絞り込みという概念はありません。

いいねが1日100回できる

これはヤバイです。

有料のPairsでさえ1ヶ月30人の女の子にしかいいねできないのにTinderは1日で100人です。

もはやターゲットがいなくなってしまうレベルw

大きく違う点はこのぐらいで、普通のマッチングアプリと同様に使えてしまう。

マジで使わないと損です。

Tinderで出会ったおいしい話

僕も最初は無料だから質は劣るだろうと思ってました。

でも実際初めて見ると無料だから質が低いとか、有料だから質が高いとかはありませんでした。

いい子はどこでもいい子だし、メッセージ返さないヤツはPairsだろうといます。

何人か出会った中で一人体験談を紹介します。

その子は名古屋のアパレルショップに勤める23歳の女性でした。

マッチングしてすぐにメッセージのやり取り。

酒好きで、中身はおっさんというトークで盛り上がり、流れで飲みに行こうって話になりました。

大衆居酒屋で1,2時間飲みました。

最初は軽い話から、徐々に内部にせまる会話で心を開かせていきました。

そしてお会計を済ませて、お互いほろ酔いって感じで電車に乗りました。

その子がどのくらいOKなのかを確かめるために手を握ると、

相手も握り返してきました。

(お、これはイケる)

と思い、クロージング。

「まだ時間大丈夫?」

「うん」

「ウチくる?」

「うん」

と、簡単にクロージング。

この出会いが無料であることを考えると、クロージングできたことよりコスパがいいことに悦に浸ってました。

Tinderで出会うために

Tinderではとにかく毎日女の子にLikeしまくるだけです。

顔見てアリかなしかなんて判断しなくていいです。

全員Likeします。

で、マッチングしてから判断すればいいんです。

あとは通常のマッチングアプリと同じで、

  • 写真
  • プロフィール
  • メッセージのやり取り

このへんのスキルを高めていけば確実にマッチング→デートまで持っていけます。

ここのスキルに関しては他記事を参照ください。

ではでは今日はこんな感じでTinder人口が増えればなと思います。

ではまた。