メル友が欲しい人のためのラクな作り方と心理的なメリット

どうも、パプリカです。

突然ですが、メル友欲しいですよね笑

メル友って割りと都合のいい言葉で、友だちよりも遠いけど、顔が見えてない分思い切った話ができたりもしますよね。

そんなメル友がいたらどう人生が変わるのかを考えてみました。

その前にまずはメル友を作りたいって方のために代表的なメル友の作り方を紹介します。

1.メル友の作り方

代表的なのはこのへんでしょうか。

・掲示板

・出会い系

順に説明していきます。

 

1−1.掲示板

まずは掲示板ですね。

割りと昔ながらの方法ですが、今も十分使えるノウハウです。

「いいメル友はいい掲示板を見つけること」といえるぐらい掲示板によってそこにいる人のカラーがあります。

おすすめはジモティーというサイトです。

ジモティーは地元の人にいらなくなった家具・家電を譲ったり売ったりするサイトなんですが、自分の運営するスクールの生徒さんを募集したり、友だちを募集する掲示板もあります。

ここの掲示板に一度書き込んでおくとけっこう閲覧数は増えるのでやってみる価値はあります。

ケータイ電話認証や身分証明認証をする機能もあるのでむやみやたらに書き込める掲示板よりもマナーのある方が多い印象です。

ここでは一切料金はかからないのでまずは一度書き込んでみることをオススメ致します。

  

1−2.出会い系

次に出会い系ですね。

これも王道です。

掲示板同様、ちゃんとしたサイトを使えばメル友は作れます。

無料ポイントだけのやり取りで十分やり取りはできるので趣味の合いそうな子やなんかわかんないけど会話が弾む子と出会うことができれば、メル友、もしくはそれ以上の関係になれる可能性もあります。

 2.メル友を作る意味

そもそもメル友を作ることに何の意味があるの?という方もいるかと思います。

友だちいるんだからいらなくないってのは根明の人の意見で笑

やっぱり根暗な人は誰かに相談したいんですよね。

家族でもない、友だちでもない、恋人でもない、そして顔も知らないからこそ話せることって結構あります。

恋愛の悩み

家族の悩み

お金の悩み

人間関係などなど…

様々なことを話せるようになります。

 

で、そこから得られる答えって自分にはなかった視点であることが多いです。

正解か不正解かは別として、物事を違う視点で見られるとより悩みを客観視できます。

悩みを客観視できると自分が悩んでいたことがめちゃくちゃ小さく感じたりするんですよね。

 

ほら、小学校の頃の悩みって今考えたらバカらしいことが多いじゃないですか?

トイレでうんこするのが恥ずかしいとか、

やべぇチン毛生えてきちゃったとか、

プールの授業でブリーフ見られるの恥ずかしいとか、

今の悩みも自分が大事に考えているだけで、客観視できると割りと小さな悩みにできます。

それだけでもメル友に相談できる環境があれば恩恵を授かれると思います。

 

で、もう一つのメリットとしては、異性と触れ合えることです。

やはりこのクズ部では異性を理解するということが一つのテーマです。

好きな子ではなくても異性がどんな思考回路で、どんな時にどんなことを考えるのかを知れれば、相手の主導権を握ったり惚れさせたりすることもできます。

 

まとめ

まずは行動の第一を踏んでみましょう。

掲示板なら書き込んでみる。

出会い系ならいい感じの子にいいね!してみる。

これだけでも今よりは一歩前進します。

最初の一歩さえ踏んでしまえば割りと軽やかに現状は進んでいきます。

ぜひぜひ気の合うメル友を見つけてくださいね。